危険ながん転移を防ぐ最新治療|咽頭がんやすい臓がんの治療法

効果の高い治療法

男女

咽頭がんの治療では、放射線や抗がん剤を使った治療法が主に用いられます。ほかのガンよりも、咽頭がんは放射線や抗がん剤の効果が高いので、多く利用されるのです。治療後は喫煙や飲酒を極力避け、再発防止に努めましょう。

More Detail

体に負担を与えない治療

病院

体に現れる悪性腫瘍として、今なお多くの人が恐れる病といえばがんが挙げられます。このがんが最も恐ろしい点は、放置すると全身へと転移し広がってしまうというところにあります。がんの細胞は血液の流れやリンパの流れに乗って移動し、全身のいたるところにがんを誘発させます。通常であればがん細胞は、免疫細胞が攻撃して撃退するものですが、がんの腫瘍が一つあるだけで常時大量のがん細胞が全身へと巡ることになるため、免疫による対処では追いつかなくなるのです。がんの転移を防ぐ方法としては、早期にがんを発見する方法が最良となりますが、すい臓がんや卵巣がんなど、自分では気づきづらいがんもあるため、だれもが初期の段階で見つけられるとは限らないのです。転移するがんの治療は、一般的に放射線療法や抗がん剤での治療方法が用いられますが、最近では他にも免疫療法や代替療法といった方法も用いられています。

がんの転移に効果的とされている治療法といえば、免疫療法が挙げられます。がん細胞を撃退する免疫の効果を高めることで、体に負担をかけずにさらなる転移の抑止と腫瘍の縮小に効果をもたらしてくれるのです。単体でも高い効果をもたらすキラーT細胞を培養して、体に再投与する方法や、がん細胞を感知してほかの免疫細胞に攻撃させる樹状細胞の利用が主に行なわれています。ほかにも、免疫力を挙げるサプリメントや転移予防に効果がある栄養成分を体に取り入れ、治療に用いる代替療法も利用できます。アガリクスやプロポリス、フコイダンなどのサプリメントならば免疫力も上がり、がんの影響の抑止に効果をもたらしてくれます。わさびに含まれる抗酸化力も転移予防に効果的とされており、がん治療を行いながら体に取り入れることでよりよい効果をもたらしてくれるでしょう。

最新の検査方法

看護師

卵巣がんは自覚症状も少ない病であるため、女性の死亡率も高い病として知られています。この卵巣がんの有無を調べるには、専門の婦人科で検査を受ける必要があるでしょう。腫瘍マーカーの利用やCTスキャン、PET検査によって卵巣がんに罹っているかがわかります。

More Detail

見つかりにくいがん

病院

初期症状が最も現れにくいがんとして、すい臓がんが挙げられます。すい臓がんは背中の痛みや腹部の不快感などが初期症状として現れますが、それらは単なる体調不良として扱われるため、気づくことが遅れやすいのです。治療には放射線療法や抗がん剤の使用のほか、免疫療法も行なわれます。

More Detail